メールでの婚活はできるだけ避ける

婚活をする際、誰もが失敗しがちな点としてメールでのやり取りがあります。

特に、婚活相手に惚れてしまった場合には注意が必要です。

メールは手軽なツールのため、つい一方的にメールを送信してしまいがちですが、まだ相手からの好意を得られていない状態の場合、内容の薄いメールをするのは相手にとっての負担になります。

相手がメールのやり取りに負担を感じている場合、なかなか返信してもらえずに不安になってしまったり、その不安から何度もメールを出してしまったりと一方通行になってしまいやすいのです。

結果として相手の心象を害してしまい、本来ならうまくいったかもしれない婚活が台無しになってしまうケースがあります。また、あまりにしつこい場合は無視されることになりますが、それでも相手に執着している場合、ストーカーに発展してしまうなどの懸念があります。

惚れてしまった状態の場合、なかなか自分の気持ちをコントロールすることが難しくなりますが、常に相手の気持ちを第一に考え、メールは単なる連絡手段ぐらいに考えておくとよいでしょう。

概ね、メールでのやり取りで相手からの好意を受けることは難しく、むしろ印象が悪くなるケースが多いです。メールでのやり取りに失敗してしまった場合、後から挽回するのが難しくなります。

仲良くなるのはデート中の会話のみに専念し、メールでのやり取りはほどほどに済ませることをおすすめします。